医師非常勤求人ランキング

東京の非常勤医師求人

東京の非常勤医師求人情報

日本は他のほとんどのOECD(経済協力開発機構)加盟国より、人口当たりの医師数が少ないと言われています。 2008年において、日本の人口千人当たり医師数は2.2人であり、OECD 平均の3.1人を大きく下回っています。 日本の人口当たり医師数が他国と比較して少ない要因の一つは、政府が医学部入学定員を制限していることにあると言われています。 近年では厚生労働省の諮問委員会が、OECD 平均に近づけるため、医師養成数の50%増を提言したことで、医学部入学者は2008年から増加してはいますが、この目標に到達するには時間を要すると見られています。

また厚労省の発表した医療提供体制の現状についての資料によると、我が国の医療の特徴は、人口当たり病床数が多く、病床当たりの医療従事者が少ないそうです。

全国的な医師不足の問題が叫ばれるなか、日本の首都である東京の医療体制はどのような状況にあるのでしょうか。 2008年の全国の医療施設に従事する「人口10万対医師数」は212.9人で、前回(206.3人)に比べ6.6人増加しています。 都道府県別にみると、京都府が279.2人と最も多く、次いで徳島県277.6人、東京都277.4人となっており、埼玉県が139.9人と最も少なく、次いで、茨城県153.7人、千葉県161.0人となっています。 東京は全国で2番目に医師の多い地域なのです。

東京の医療現場の現状

全国で2番目に医師が多いとは言え、東京でも地域や診療科目による医師の偏在の問題などがあり、そのような問題の解消のため、さまざまな取り組みを始めています。

東京都地域医療支援ドクター事業 多摩・島しょの地域医療の拠点である公立病院等を支援し、地域の医療体制を確保するために、キャリアアップ勤務と都内の公立病院等での支援勤務を組み合わせた事業として実施しています。

東京医師アカデミー 都立病院と公社病院が7,200床のスケールメリットを生かし、専門臨床研修について、カリキュラムの充実や指導体制の強化等を図るとともに、研修から採用に至る一貫した医師育成システムを提供するものです。

非常勤医師求人の現場

東京の非常勤医師の求人情報は、さまざまな求人情報サイトなどに掲載されています。 インターネットサイトを利用するメリットは、なんと言ってもその情報量と速さにあります。 日々更新されるサイトなら、動きの比較的早い非常勤勤務の求人情報もタイムリーに入手することができます。 非常勤医師として働きたくなったその時に、希望の条件で検索すれば、掲載されている情報の中から見合った案件を探すことができるので、忙しい医師には最適のツールではないでしょうか。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.