医師非常勤求人ランキング

非常勤医師とは

常勤医師と非常勤医師

医師は雇用形態により、常勤医師と非常勤医師に分けられます。常勤医師は正規のフルタイム職員として医療機関で診療している医師です。非常勤医師は診療している医療機関の正規フルタイム職員ではない医師です。非常勤医師の多くは派遣契約やアルバイト契約によって限られた日時に限られた職務を行います。

医師不足問題

現在の医療現場では医師が不足しています。原因はいくつかあり、根本的な原因になったのは医療費抑制政策です。当時の厚生省保険局長が「医師が増えすぎると国が滅びる」と言う「医療費亡国論」を元に医師が増えすぎないように抑制しました。この政策は当時の日本医師会に賛成しました。

しかし実際の医療現場で医師不足が問題になっても厚生労働省は医師過剰と報告し続けました。ただし、この医師のカウント方法は問題がありました。アメリカの医師会で医師をカウントする場合はフルタイム勤務の医師1人をカウントします。日本は医師免許をカウントしていたため、定年退職したり、結婚して家庭に入ったりするなどして、医療現場で働いていない医師もカウントしていました。

また2004年に医局の人事が新医師臨床研修制度に変わった事も原因の一つです。総合病院の医師の確保する方法は医局の人事による派遣でした。医師の人事権は各科の医局の一存で決まっていました。この医局のシステムにより地域の総合病院の人的資源は維持されていましたが、その非民主主義的な側面を問題としたマスコミや官僚により、実質的な医局解体が行われました。この新医師臨床研修制度で臨床研修指定病院が多くなり、大学病院以外の民間病院でも研修ができるようになりました。民間病院で研修ができるため大学病院での医師が不足するようになり、大学病院は地方の病院に派遣していた医師を引き上げる事が多くなりました。そして医師が居なくなった地域病院の診療科が次々と閉鎖に追い込まれました。

2006年までは「医師不足はなく、偏在しているだけである」と言う報告を行いました。2007年に日本医師会が医療提供体制の国際比較を発表し、偏在が医師不足の原因ではなく、医師の絶対数が足りない事を発表しました。2008年に舛添要一厚労相のもと「医学部定員削減」の見直しと医師養成数の増加が決まりました。

今後、10年から20年経てば日本の医師不足は解消するかもしれません。また医局が無くなった今、医師不足を解消するためにも非常勤医師は非常に重要な存在です。医師の仕事は重労働で連日の勤務に耐えられなくても非常勤なら勤務できる方もいます。また家庭に入り子育てしている元女医も子供の手間がかからなくなったら非常勤医師として復帰できるでしょう。

非常勤医師の求人サイトランキング!口コミ1位はコレだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.