医師非常勤求人ランキング

非常勤医師の契約書

非常勤医師として病院と契約する場合

非常勤医師として病院と契約する場合、病院によって契約書の内容が違います。場合によって、他の病院や法令と比較して悪い条件で契約書にサインする可能性があります。実際に勤務した後になって法令よりも条件が悪い事に気がついたとしても、契約書にサインした以上は契約書が優先されます。しっかり契約書の条件をチェックしましょう。また頻繁に医師の募集を行なっている病院は契約書の条件が悪い可能性がありますので、しっかりと契約書を読み、理解してサインしましょう。

契約書の条件

契約書の条件は病院によって多種多様ですが、以下に記述するような条件が記述してある事が多いです。契約期間について、数ヶ月間から1年間などが多いです。基本給について、これは病院によってかなり違います。各種手当は、通勤手当、当直手当、宅直手当、夜勤手当、臨床研修手当、時間外手当、休日手当などがあります。退職手当はまずありません。勤務時間について上限と下限を契約すると思います。研修医ならば研修などについての条件があります。出張について、日当や手当の条件があります。優秀だった場合の表彰、問題を起こした場合の制裁についての条件も記載する場合があります。安全衛生や災害補償についての条件もあります。非常勤医師の場合は福利厚生についての条件がほとんどないと思います。源泉徴収は病院によって違うと思うので確認が必要です。

医師不足

医師不足により運営にまで影響している病院もあります。この様な病院には土曜日と日曜日の2日間に勤務する当直日直の非常勤医師を常勤換算できるので、不当に土曜日と日曜日に当直日直させる病院もあります。この様な病院は根本的に医師が不足しているため研修医に「勉強」や担当患者への責任と言う名目で契約書にない労働をさせる病院もあります。あきらかに法令違反です。しかし、この様な勤務形態を契約書に記述しサインさせる事で合法化している病院もあります。これは経費を安くしたいだけの悪徳な病院と言うケースと、根本的にベッド数に応じて法律で最低限必要な医師人数が足りないため病院を存続させるためにしかたなく行なっている場合などがあります。地方で無医村並に医師が不足している地域なら許せるかもしれませんが、利益を追求するために研修医などの非常勤医師に過労死ラインと呼ばれる労働時間を超えてまで不当な労働させようとする病院と契約することになったら最悪です。この様な事にならないためにも契約書の隅々までチェックしてからサインしましょう。

非常勤医師の求人サイトランキング!口コミ1位はコレだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.