医師非常勤求人ランキング

民間病院の非常勤医師

民間病院における非常勤医師の重要性

民間病院にとって非常勤医師はなくてはならない存在です。 第1の理由は医師不足による医師確保です。 フルタイムで働く常勤医師を確保する事は難しいですが。 高齢で退職した医師や結婚して子育て中の医師など短い日数なら働ける非常勤医師なら雇えるハードルが低く医師不足の解消に役立ちます。 また民間病院は大学病院と違い収入源が診察と治療など限られていますので利益を追求しないと倒産、閉鎖になってしまいます。 利益を追求するためには常勤医師を減らし、非常勤医師を増やす事が簡単な方法です。 そして更に非常勤医師の人数を病床数の割合で定められた最少人数まで減らせば、法律に違反することなく人件費の削減を行うことができます。 この人件費の削減は医師が偏在している大都市を抱える地域で多くみられます。 東京都、神奈川県、大阪府、福岡県など大都市のある地域は医師免許を持ち医師活動を行なっている医師にも人気が高いのですが。 これらの医師が多い地域でも産婦人科と小児科の医師は不足しています。 これは福島県立大野病院産科医逮捕事件の影響があります。

この福島県立大野病院産科医逮捕事件は分娩の際に妊婦が死亡した事件です。 この事件で産婦人科の医師が逮捕されました。 この産婦人科医は2年間の休職の後、裁判で無罪判決を受け復職しました。 この福島県立大野病院産科医逮捕事件は前置胎盤だった妊婦に対し、より設備の整った大学病院での分娩を勧めたにも関わらず遠いと断り、更に場合によって子宮を摘出する事を説明すると、絶対に子宮は取らないでと、無理難題を押し付けるモンスターペイシェントでした。 この事件をきっかけに患者から訴えられる可能性が高いリスクの高い科は希望者が大幅に減りました。 近年、妊婦受難のニュースが多くなったのは、この事件により産婦人科医が減ったためです。

また近年は患者が治療方法を自己決定するケースが多くなり、医師が患者に治療の長所、短所、リスクを説明する事が多くなり、更に医療現場の規制強化で書類仕事が多くなり、結果として医師の労働時間増加が医師不足を更に悪化させています。 大都市を抱える地域ですら、リスクの高い科は医師不足です。 大都市のない地方都市になると普通の科を担当する医師すらいない無医村の問題が出てきます。 これらの地域では役所などが医師を募集している地域もあります。 そして、そのような地域によっては、通常よりも高額な給与で雇ってくれる地域もあります。

非常勤医師の求人サイトランキング!口コミ1位はコレだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.