医師非常勤求人ランキング

非常勤医師の給与

非常勤医師と常勤医師の給与比較

非常勤医師と常勤医師の給与を比較した場合、あたりまえですが常勤医師が優遇されています。どのような点が優遇されているかと言うと、まず社会保険料です。社会保険料は雇用主が半額負担します。確定申告は病院の事務が行なってくれます。福利厚生など幾つかの手当が支給されたり、控除されます。保険料や控除を差し引いた金額に所得税が掛かるので非常勤医師よりも手取りが多くなります。この様に常勤医師の方が条件がいいです。研修医として非常勤医師として働き、常勤医師を目指す方が多いので、この給与の優遇は当然の事です。まだ経験が足りていないのに常勤医師と同じ様な優遇を求めるのは早いと言う事です。また上記の条件が一般的ですが、病院との契約時に違う条件を出される事があります。常勤医師、非常勤医師に関わらず、病院と契約する時は様々な条件をチェックして契約しましょう。後になって国が定めた法律よりも条件が悪く雇用されていた事を知ったとしても法律よりも契約が優先されます。

常勤医師が非常勤医師

常勤医師が非常勤医師として勤務している事をご存知ですか?意外と多くの常勤医師が別の病院で非常勤医師として勤務しています。これはお金を稼ぐだけでなく、人間関係、給与体系、契約など自分の理想に近い病院へ転職するための調査も兼ねています。現在は医師不足が問題になっていますので、常勤医師の転職も他の業種と比較して楽に行えます。また非常勤医師が他の病院の非常勤医師として勤務する場合もあります。この場合も常勤医師が非常勤医師として別の病院へ勤務する事と同じ理由です。

非常勤医師の利点

非常勤医師として勤務時間を抑制する事で新たな医療知識の吸収や自由な時間に割り当てることができます。研修医ならば今後のステップアップのために医療知識の吸収は不可欠です。定年退職して非常勤医師として勤務する高齢な医師ならばハードな仕事の余暇として休日が必要でしょうし、子育て中の女性医師ならば子育てのために時間が必要になります。また最近の特徴として若い間にしかできない事や、若い間にしか習得できないような趣味を優先しチェレンジするために、あえて常勤医師を目指さず非常勤医師を続ける方もいます。確かにスポーツなどの趣味は若くて体力がある年齢でないとやりつらいものもあります。例えばボクサーなどはライセンスに年齢制限があるため若い間にしかライセンスを取得できません。東日本大震災で大きい被害を受けた気仙沼の病院では震災で委員長が不在になり、震災ボランティアで医療に従事した元プロボクサーの医師が院長に就任した病院もあります。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.