医師非常勤求人ランキング

非常勤医師の勤務時間

非常勤医師のパターン

非常勤医師には人によって勤務時間にいろいろなパターンがあります。 まだ免許取得年数が短い方、兼業主婦として子育て中の方、連日の勤務や夜勤が辛い高齢の方などです。 また、病院側としても人件費を抑えるため常勤医師は最小限にとどめ、非常勤医師を多く雇いたい所です。 なので普通の常勤医師よりも過酷な労働条件で多くの仕事をこなす非常勤医師もいます。 場合によっては常勤医師になる事を望んでも非常勤医師のまま退職する方もいます。 また病院のベッド数に応じて法律で最低限必要な医師人数が決められています。 この最低限必要な医師人数に最低限の人件費で人数が多くいるように行政へ報告するために病院から指示で土曜日と日曜日の2日間に勤務する当直日直の非常勤医師もいます。 勤務時間は平日の日勤、平日の夜勤、土曜日曜の当直や日当直などがあります。 若い非常勤医師ほど勤務時間が長い傾向があります。 場合によってはブラック企業へ務めるサラリーマン並に長時間働き続ける非常勤医師もいます。 特に研修医は低賃金で勤務時間が長く、勉強もしなければならないため、プライベートな時間が少なくなります。 また高齢の非常勤医師ほど勤務時間が短く会議などへの参加い傾向が高いです。

地域偏在と地域格差

東京など人気の高い地域に医師が集中し、人気がない地域へ医師が行かない地域格差、または地域偏在が医師不足を更に悪くしています。 行政が調査している都道府県別の必要求人医師数によると東京都、神奈川県、大阪府、福岡県など人気のある大都会と呼ばれる地域は医師が足りていますが。 青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、岐阜県、静岡県、滋賀県、島根県、高知県などは地方は医師が不足しています。 このため、都市部で医師が足りている地域は問題ありませんが。 医師が足りない地域では優良な病院でも非常勤医師などに過酷な勤務時間を要求する事があります。 また悪い病院では医師の人数を減らして人件費を節約するため非常勤医師に過酷な勤務時間を要求する事があります。 非常勤医師の求人情報サイトで医師が十分足りている地域にも関わらず、常に求人情報に募集の広告を出している病院側が利益を追求し過酷な勤務時間を非常勤医師に要求したり、何らかの問題がある上司がいるなど、常勤医師や非常勤医師が辞めたく成る何らか理由がある可能性が高いので、常に求人情報を出している病院は覚えていた方がよいかもしれません。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.