医師非常勤求人ランキング

一般外科の非常勤医師求人

一般外科医は、内科医に次いで医師数が多く、常勤、非常勤医師どちらも安定した求人があります。外科は一般外傷から虫垂炎や胆石など、外科対象となる患者数が多い科です。たくさん求人があるのは良いことなのですが、それは離職率も高いからとも言われています。一般外科の場合、緊急手術があったり、救急対応があったりで時間外勤務の多さや労働時間の長さなどから離職する人が多いのです。

離職した人は、外科から別の科へ変わったり別の職業へ転職したりするのですが、このような現状ではいけないと学会でも取り上げられています。その対策として労働条件の見直しや、外科医に負担がかかりすぎないような体制にするような取り組みをする病院も増えています。

一般外科は、体すべての外科系の疾患に対応します。救急で患者が来た場合に重症度を把握することや初期治療を行って専門医につなぐという役目を行っています。しかし、最近では診療科が細かく分かれすぎていくつかの科が対応する疾患を持つ人や、どちらの診療科かはっきりしない疾患を持つ人はせっかく大きな病院に来ても適切な医療が受けられない事態が出てきました。そこで一般外科医が総合医としての役目をするようになってきています。そのため、こういった立場に立ってくれる一般外科医の求人も増えてきています。

医療の進歩が著しくなってきて、ますます専門化が進んでいます。専門医が増えるのは良いことなのですが、患者さんの側に立ってその人に合った治療が受けられるように導く総合医も必要です。一般外科医が総合医であるとは決まっていませんが、総合診療科という科がない病院などでは一般外科医がそのような立場になっているようです。一般外科の非常勤医師の求人を見ても、外来や救急、当直勤務が多いです。

一般外科というと、手術だけを行っているのかと思われがちですがそうではありません。もちろん手術をすることが中心ですが、他の診療科の医師と連携をとりながら患者さんのことを第一に考えて治療を進めるようにしていきます。一般外科医に求められることは、それぞれ求人を出している医療機関によって違います。契約する前に、どのような立場としての一般外科医なのかを確認し、自分の希望する勤務条件かどうか見極めることが大切です。非常勤医師の場合、勤務条件については本当に病院によって違いますので、しっかり確認するようにしましょう。勤務を始めてからこんなはずではなかった、ということがないようにしましょう。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.