医師非常勤求人ランキング

呼吸器外科の非常勤医師求人

肺がんや呼吸器疾患の外科治療を行うのが呼吸器外科です。呼吸器内科というのは、ほとんどの病院でも設置されていますが、呼吸器外科が設置されている病院はまだ少ないです。しかし、肺がん患者の増加などを考え、呼吸器外科を設置しようとする病院が増えてきているのは確かです。そのため求人が増えてきているのですが、呼吸器外科医が少ないためになかなか集まらないのが現状のようです。病院によっては人材育成、キャリアアップのために呼吸器外科医養成プログラムを実施しているところもあるので、そのような病院に入って呼吸器外科医になるのも一つの方法です。

ここ数年、肺がん患者数が増えており、がんの死亡率も第一位となっています。そのため肺がんの治療の研究が進む中検査機器も進歩してきており、早期の段階で肺がんが見つかるようになってきました。がんの状態により、手術や放射線治療、化学療法、分子標的治療などの選択肢があり、呼吸器外科医の専門分科が進みつつあります。その一方で、検査技術に特化した呼吸器外科医もいます。そのため、呼吸器外科の求人内容も多彩になり、自分の得意分野や働き方(週に何日かだけ、平日だけなど)によって職場が選べるようになってきました。非常勤医師として複数の病院で働くという人もいます。

呼吸器外科では、肺だけでなく気管支と縦隔、胸壁を対象としています。気胸、肺がん、肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁中皮腫などの診断と治療を行います。がんは加齢によって発症リスクが高まると言われています。そのため、ここ最近の日本では高齢化が進んでいるためにがん患者やがんによる死亡者数が増えてきています。そのために呼吸器外科医のニーズは高まり、高齢者施設や訪問診療所での求人も増えてきました。非常勤医師の場合は、訪問診療所で週に1度のオンコール対応や月に2日程度の外来、救急、病棟での求人があります。高齢者施設での健診の仕事もあり、この場合は午前中のみの勤務が多いです。他の医療施設と非常勤医師として掛け持ちしている人も少なくありません。非常勤医師の場合、自分がやりやすい働き方を選ぶことができますし、仕事内容も選べるのであえて非常勤医師を選ぶ人も多いです。医師という専門性の高い資格がありますので給与も高く、週に数日働くだけでも十分な収入が得られます。女性が結婚や出産で現場を離れてしまい、常勤として働けない場合、非常勤医師として復帰する人も多いです。

非常勤医師の求人サイトランキング!口コミ1位はコレだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.