医師非常勤求人ランキング

脳神経外科の非常勤医師求人

常勤、非常勤医師ともに求人が多いとされ、転職においてはかなりの売り手市場であると言われているのが脳神経外科医です。脳や脊髄だけでなく、骨や血管なども含めた神経系疾患の外科的治療も行っているので、整形外科に次いで医師が多い科となっています。国内でも患者数が多いとされる脳血管疾患の外科的治療や、脳腫瘍、脊椎、脊髄損傷、顔面痙攣、頭部外傷の治療、さらに診断機器が進歩してきたことや新しい治療方法の開拓で、今まで治療が難しいと言われていた疾患(パーキンソン病やてんかん)の外科的治療も行えるようになりました。

そのため脳神経外科医の需要は多く、全国的にどこの病院も脳神経外科医が不足している状態です。常勤はもちろんですが、非常勤医師の求人についても常に一定の数があります。外科医の場合は、非常勤医師だと救急や当直での募集が多いです。給与は日給いくら、というような設定になっていて、単価はとても高いと言えます。しかし病院によって治療方針や、得意とする分野が違うのでそれぞれの病院の特徴をよく調べて検討するようにしましょう。

脳神経外科医は、神経系の高度な医療を行うだけではありません。救急の対応や血管撮影の画像診断、術前術後管理、外科的、非外科的治療、長期予後管理というように神経系の病気を担当します。中には脳ドックなどに力を入れる予防医学やてんかんなどに対するように薬物療法や理学療法を行う場合もあります。脳神経外科の求人は、多くの医療施設からあります。総合病院をはじめ、地域の中核病院、脳神経外科専門病院、公的病院などです。最先端医療を行う病院で最新医療に従事する医師や、療養型病院、回復期リハビリテーション病院では手術はほとんど行わずに復帰支援のみを行う医師を募集しています。脳神経外科医師は職域が広いので、診療科を変えることなくいろんな働き方を知ることができます。他の診療科の場合、転科をして幅広い知識を学ぶことになるのですが、脳神経外科ではこのような必要がないのです。

脳血管疾患(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)は年々増える一方で、また高齢化により患者はますます増えると考えられます。将来的には何百万人という単位の患者数になると思われますので脳神経外科医のニーズは大きくなってくるであろうと考えられています。脳神経外科医として就職や転職を考えているのであれば、数ある求人情報から自分のスキルやキャリアに合ったところを選ぶようにしましょう。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.