医師非常勤求人ランキング

消化器外科の非常勤医師求人

消化器外科は、消化器(食道、胃、結腸、直腸、肝臓、胆のう、胆管、膵臓)のがんや腹部救急疾患(虫垂炎、腹膜炎、胆のう炎、急性膵炎、腸閉塞、胃や十二指腸潰瘍穿孔、潰瘍性大腸炎)、その他にヘルニアや痔、胆石などの治療を行います。消化器系の手術は他のどの科よりも多いと言われており、その他にも緩和ケアや救急医療、麻酔など専門医が少ない部分をカバーすることも多いです。

消化器の病気はどれも的確で敏速な診断、治療が必要とされており、これらに対応できる高い技術力を持つ消化器外科医はどの病院でも需要があり、非常勤医師の求人も多くあります。多くの症例を扱うので、どの病院も過剰労働が問題となっており、消化器外科医の労働環境の改善やフォローする体制作りをする病院が増えてきました。転職、就職先の病院が、このような取り組みを行っているかを確認してから応募すると良いでしょう。

日本の消化器外科のがんの診断や治療成績は、世界でもトップクラスだと言われています。消化器がんの手術は内視鏡で行われることが増え、消化器内科や内視鏡医との連携も重要で、消化器外科医が活躍する範囲が広くなってきています。消化器外科医の求人があるのは、総合病院や一般病院、内科クリニック、老人保健施設というように、広範囲です。消化器外科医は、内視鏡外科手術を行うことが多いですが、さらに他の手術に消化器外科専門医の立ち合いが必要となったり、内視鏡手術だけでは対応できない病気がたくさんあるためにより多くの消化器外科医が必要とされています。また、消化器外科医は内視鏡検査においてもエキスパートと言えます。内視鏡検査を得意とする医師は、内科の専門病院や胃や大腸ポリープの日帰り手術を行っているクリニックからも求人があります。消化器外科の非常勤医師求人では、内視鏡検査のみを行う求人もたくさんあります。内視鏡検査のみの求人の場合、給与は1日5万円くらいからとなっています。この金額は病院によっても違いますし、これから先変わる可能性があります。

その他には、内科外来や当直勤務、救急対応、訪問診療、産業医で健診を担当する仕事もあります。自分のライフスタイルに合わせて仕事が見つけやすく、働きやすいのが消化器外科医です。給与も比較的良いので、週に1日だけ別のクリニックで内視鏡検査専門で入ったり、当直を1日だけ行ったりする医師もたくさんいます。その際は、体に負担がかからないように仕事を入れるようにしましょう。

非常勤医師の求人サイトランキング!口コミ1位はコレだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.