医師非常勤求人ランキング

内分泌内科の非常勤医師求人

体の中のホルモン物質の異常によって起こる様々な病気の診断と治療を行っているのが内分泌内科です。男性ホルモンや女性ホルモンの異常については、泌尿器科や婦人科に受診した方が良いとされています。内分泌内科の主な診療内容は、糖尿病や高尿酸血症、高脂血症といった代謝疾患と、副腎、脳下垂体、甲状腺などの内分泌疾患です。糖尿病では運動や食事療法の指導、定期検査、薬物治療、糖尿病合併症の検査、治療を行います。高尿酸血症、高脂血症では食事指導や薬での治療を行います。副腎では副腎ホルモンの異常の検査や治療、副腎腫瘍の検査を行い、脳下垂体では成長ホルモンなどの異常について検査や治療を行います。甲状腺では橋本病や慢性甲状腺炎といった甲状腺機能低下症、バセドウ病といった甲状腺機能亢進症の検査や治療、甲状腺腫瘍の検査などを行います。ほとんどが外来で行われるものです。

甲状腺疾患である橋本病やバセドウ病は、年々増加傾向にあり、潜在的な患者も含めると全国に2000万人くらいはいるのではと考えられています。また糖尿病や痛風の患者も増えており、500万人から1000万人くらいの患者がいると言われています。それに対して内分泌内科の専門医は2000人前後と言われていますから、かなりの専門医不足です。内分泌内科の医師の需要は高まるばかりで、病院の方でも内分泌の疾患の治療についていろんな研究をしたり、先進医療を取り入れたりと力を入れ始めています。これからどんどん研究されるでしょうから、内分泌内科の医師としての将来性ややりがいを求めて転科を考える医師も多いようです。

もちろん簡単に内分泌内科に転科できるわけではありません。幅広い臓器の診察をすることになるので多くの知識や経験が必要です。専門医は当然求人数が多く、急性期、慢性期の病院やクリニック、診療所などいろんな医療機関から求人があります。常勤医師だけでなく、非常勤医師の求人も多くありますので、いろんな働き方が選択できます。また、医療機関によって医師に求められる経験が違いますので自分はどの医療機関に合っているかを見極めるようにしましょう。例えばですが急性期の病院だと合併症を患う患者さんの手術時に助言をするなどの仕事が多く、慢性期の病院では専門外来などが任せられるようです。内分泌専門医や糖尿病専門医などの認定資格を持っていると転職に一層有利と言えます。内分泌内科は、対象となる病気が幅広いために持っている知識や経験を活かせる職場を探しましょう。

非常勤医師の求人サイトランキング!口コミ1位はコレだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.