医師非常勤求人ランキング

一般内科の非常勤医師求人

一般内科というのは、原因がはっきりしない時や、はっきり診断がついていない人に対する診断を行うところです。例えば胸が痛いときにこれは心臓が悪いから循環器科だ、と患者さんが自分で判断するのは難しいものです。そんな時にまずは一般内科で診てもらい、診断を確定してもらってから該当の科で治療を行います。一般内科は総合病院によく設置されていて、体調があまり良くないのだけれど、何科にかかったら良いのかわからない場合にまず行くところです。内科とほぼ同じと考えて良いでしょう、

内科医の求人は、どこの地域であっても多いです。医師不足だと言われている地域でも一般内科医を募集しているところは多く、そのようなところだと厚遇で受け入れてくれる傾向にあります。医師が希望する働き方ができるところが多いです。非常勤医師でももちろん働くことは可能です。

常勤と非常勤の違いですが、一般的には1日に8時間程度の働き、1週間に4日(32時間)働くと常勤医師と健康保険法では認められます。非常勤医師はこれに満たないことになりますが、非常勤でも常勤と変わらないくらい働いている人がいるのも現状です。仕事に就くときは医療機関と契約することになりますが、その医療機関の就業規則で勤務条件などをしっかり確認するようにしましょう。

常勤でも非常勤でも一般内科の求人は多いので、仕事探しにあまり困ることはないでしょう。転職することになったとしても、一般内科医は強いと言われています。どんな環境であっても自分が持つスキルを活かせます。選択肢も多くあるので安心です。特に非常勤医師は、雇用保険料や社会保険料が発生しないために雇う側からしても経費削減になるので積極的に雇う傾向にあります。ただ、様々な手当てが付かないので、常勤医師に比べると待遇面ではややデメリットがあると言えるかもしれません。しかし、それをメリットと捉えることもできます。非常勤医師の場合は、自分の都合のよい曜日や時間に勤務できます。1週間に3日だけの勤務や、土日だけの勤務、月1回だけの勤務でも良いわけです。医師の仕事は激務と言われ、体力にかなりの負担がかかりますが、非常勤医師で勤務時間を調節し、体力的な負担を軽減することができます。非常勤は安定しないのではと思われがちですが、他と掛け持ちすることも可能ですし収入のアップが期待できます。いろんな医療機関で働くことで経験を積むこともできます。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.