医師非常勤求人ランキング

血液内科の非常勤医師求人

総合病院などでよく見かける血液内科ですが、これは血液やリンパ腺、骨髄の病気を診療します。白血病やリンパ腫といった進行がとても早い悪性の病気も診るために、設備が整った専門病院での常勤の医師がほとんどでした。しかし最近では、特別な設備を必要としない血液の病気の予後観察や投薬治療を専門病院以外の病院でも行うようになってきました。そのため、専門病院以外でも血液内科専門医のニーズが高まり、常勤だけではなく非常勤医師の求人も増えてきています。

自分は血液内科で常に患者さんと向き合う仕事をしていきたいか、それとも設備の整った専門病院や大きな病院で最先端の臨床に取り組みたいかによって病院選びをしましょう。血液内科医の求人は、救急指定病院や総合病院といった大きな病院だけでなく在宅診療を行うクリニックや、検診を行うクリニックでも増えてきています。というのも、血小板異常や貧血、造血器の腫瘍といった疾患に対応しますので現場やチーム医療には血液内科医が必要となってきたからです。

血液内科医は増えてきたと言われていますが、それでもまだまだ医師不足は解消されていません。地域によっては血液内科医がほとんどいないところもあります。ですからそのような地域の方が、血液内科医の求人は多いです。血液内科で扱う疾患は、どちらかというと命にかかわるものが多く、治療開始が遅れると患者さんが命を落としてしまうものが多いです。このようなことがないように、血液内科専門医を置きたいと考える医療機関が増えてきました。命にかかわる疾患が多い血液内科ですが、悪性リンパ腫や急性白血病の化学療法はめざましい進歩をし、骨髄移植の技術も向上しています。これらの知識や経験が豊富な専門医を求めているのです。

血液内科の非常勤医師求人は、全国各地に求人が出ています。勤務体系は、月に1度の当直のみや週に数回の外来勤務が多いです。当直勤務では、やはり給与は多めとなっていて、どこかの病院で平日昼間に常勤医師をして、非常勤医師として月に1度の土曜日に当直をするというような働き方をする人もいます。自分の都合に合わせて勤務できるのが非常勤の良いところです。違う環境のところで多くの経験を積みたいのであれば、非常勤医師として別の病院で働くと良いでしょう。チーム医療を推進する医療機関では、血液の専門家の血液内科医は必要とされていますし、高齢者の血液疾患が増えてきていることからそれに対応できる血液内科医も必要とされているのです。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.