医師非常勤求人ランキング

老人内科の非常勤医師求人

高齢化が進み、高齢者の人口が増えている今日この頃、高齢者を対象に総合的な診療を行うのが老人内科です。高血圧や脳梗塞、心臓病や嚥下性肺炎、排尿障害やアルツハイマー病(認知症)といった高齢者に多く起こる疾患の診療を行います。これからどんどんニーズが高まると考えられるため、老人内科を新しく設置する病院が増えてきました。老人内科は、主に75歳以上の高齢者を中心に診療をするところです。

老人内科専門医は全国でもまだ2000人に満たないとされていて、病院だけでなく高齢者の施設での需要もあるので医師不足であるのは間違いありません。まだあまり認知されていない診療科ではありますが、将来的には誰からも認知されるような科になると考えられています。今はまだ老人内科で働く考えはなくても、将来は有望株となるかもしれないので選択肢の一つにしてみるのも良いでしょう。

老人内科と内科は求められるスキルがほぼ同じなので、内科医師として働いていた人が老人内科に進みやすいです。老人内科に進む医師の特徴としては、今まで第一線で働いていたベテラン医師が多いです。老人内科は比較的残業がなく、当直勤務がないところが多いので、無理なく働けます。老人内科の医師の求人が多いのは、療養型の病院や老人保健施設で、認知症や慢性の疾患の患者さんを診療します。医師の担当する診療科や働く病院によって労働環境は様々で、何日も家に帰れないとか、睡眠不足で体調を崩すなどの問題で働く診療科を変えようかと検討している医師は多いと言われています。そこで注目されてきたのが老人内科なのです。老人内科は急性期のように急変することもほとんどありませんし、時間外勤務もほぼありません。労働環境が良い老人内科は常勤、非常勤医師ともに人気の診療科なのです。

老人内科の求人は、総合病院をはじめ療養型病院や老人ホームなど多岐に渡ります。働く場所によって労働条件はまちまちなので、その点はしっかり確認するようにしましょう。非常勤医師の場合は、掛け持ちすることも考えて無理のない働き方を選ぶようにしないといけません。非常勤では、週に1日だけの勤務から週に5日くらいまでの勤務や、月に1度だけの当直勤務などとても幅広い選択肢があります。自分にぴったりの働き方を見つけるようにし、充実した毎日が送れるようにしましょう。医師はやりがいが感じられる仕事です。それがしっかり感じられるような場所で働けるようにしましょう。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.