医師非常勤求人ランキング

心療内科の非常勤医師求人

町にあるクリニックなどで、「心療内科」という看板が掲げられているのを良く目にするようになってきました。心療内科というのは、過労やストレスから起こる胃炎や胃潰瘍、過敏性腸症候群、十二指腸潰瘍、気管支喘息、また糖尿病などの疾患の患者さんが抱える、うつや不安症状というような心身症を治療する科です。心療内科と精神科は同じなのではと思っている人が多いようですが、心療内科は体の疾患、精神科は心の疾患を扱うところです。

町のクリニックで「心療内科」と看板を掲げていたので行ってみたら精神科だったということがあります。精神科と看板を掲げておくと、患者さんが抵抗を感じてしまうからです。では、心療内科は「症状が軽い人が行く精神科」と考えて良いのかというとそうではありません。心療内科は内科であると考えられており、消化器内科や循環器内科、呼吸器内科というように分かれている中に心療内科は属するのです。心身症というのは、身体疾患の中で、その発症や経過に心理的な原因があると考えられ、炎症や腫瘍が見つかったり、炎症や腫瘍が無くても臓器がうまく機能せず、障害が生じたりすることを言います。「ストレスが原因です」と言われるような場合は、多くが心身症と考えられます。うつ病などで身体に不調が起こる場合がありますが、これは心療内科が扱う心身症ではありません。精神障害なので精神科の領域となります。

心療内科というのは、本来は内科の一分野とされていて心療内科医がいない病院もいくつかあります。心療内科医がほとんどいないという県もあるくらいです。心療内科専門のクリニックや診療所から求人はありますがそれほど多くありません。しかし、精神科にかかるのに抵抗がある患者さんは心療内科なら、ということで心療内科に心の悩みについて相談するケースも増えています。一般的には精神科と心療内科との区別があいまいだからです。このため、メンタルクリニックといった精神疾患が中心のところでも心療内科医を募集するようになってきています。また、老人医療の現場でも心療内科医が求められるようになってきていますので、これから心療内科医の求人は増加するのではと考えられています。その他に産業医や訪問診療クリニックなどでも心療内科の非常勤医師の求人が増えてきています。ストレス社会と言われている今日この頃は、心身症で体調を崩す人も増えてきています。心療内科医が活躍する場も多くなってくると考えられます。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.