医師非常勤求人ランキング

眼科の非常勤医師求人

眼科の専門医は、全国に約1万人いると言われています。1万人くらいだと、かなりの眼科医がいると考えられますが実際には眼科医は不足しています。眼科は、結膜炎や白内障、緑内障から斜視、弱視、網膜剥離、糖尿病網膜症や色覚異常といった目に関する様々な疾患を担当します。最近ではコンタクトレンズの使用者が増えたことや、パソコンやゲーム、スマホの普及によりドライアイや眼精疲労といった疾患が急増しています。年間に行われる白内障の手術は100万件を超え、緑内障患者は約400万人、ドライアイ患者においては2000万人を超えるのではないかと言われており、眼科医が1万人では到底足りないということがわかります。現在、二次医療圏の病院では、医師の約2割が非常勤医師です。その半面、求人は常勤の方がかなり多くなっています。病院側は常勤の眼科医の求人を出していても集まらず、不足分を補うために非常勤医師の求人を出して集めているような状態です。

眼科医は、大きな総合病院よりも診療所など地元のクリニックに勤務する方が圧倒的に多いです。他の診療科目と比べても、眼科は特にその傾向があります。眼科の疾患はほとんど入院をしなくても治療が可能であること、他の診療科目と協働の必要があまりないことなどから病院勤務は少ないのです。クリニックの場合でも、多くの眼科医を抱えているところがあるので、常に求人情報はあると考えて良いでしょう。白内障手術は、最近では入院しなくても日帰りでできるようになってきましたから、このようなスキルを持つ眼科医はクリニックでも良い待遇で迎えられる可能性があります。

ここ数年では、近視の治療に特化したクリニックが増えました。レーシック手術というものです。こういったクリニックでも非常勤医師の求人はありますが、このようなクリニックは都市部に集中しており、地域密着型の病院の眼科の方が求人数は多いようです。また、加齢によって症状が進む加齢黄斑変性症や白内障、緑内障など高齢化社会が進むにつれて増えてきています。そのために高齢者向け医療施設や老人保健施設などでも眼の疾患に対応できる医師を募集するようになってきました。眼科は救急対応などもほとんどありませんし、急変することもあまりありません。ですから、自分のライフスタイルに合わせた働き方が他の診療科よりも選びやすいと言えるでしょう。自分は大きな病院での勤務が向いているのか、それとも地元の診療所やクリニックでの勤務が向いているのかよく考えて決めるようにしましょう。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.