医師非常勤求人ランキング

泌尿器科の非常勤医師求人

泌尿器科は膀胱がんや前立腺がん、腎臓がんなどの疾患から膀胱炎や尿路結石、尿失禁、前立腺肥大といった疾患まで内科的、外科的な診療を行います。泌尿器科というと、男性患者が圧倒的に多いとされていましたが、最近では膀胱炎や尿失禁、過活動膀胱に悩む女性患者も増えており、泌尿器科に女性医師を求める声が多くなってきました。

泌尿器科の医師は、全医師数から見ても数%しかいないため、少ないと言えます。求人もそれほど多くないのですが、高齢化社会が進む中、高齢になるほど罹患しやすい前立腺肥大や排尿障害などの患者が増えると考えられており、泌尿器科の医師のニーズはますます高まることでしょう。病院勤務と診療所勤務の医師の数を比べてみると病院勤務の医師の方が多く、診療所は医師の高齢化が進んでいるようです。若いうちは病院勤務で経験を積み、ある程度になれば開業するという医師が多いようです。泌尿器科は腎臓内科や循環器内科とも密接な関係にあり、透析を行う医療施設からの求人も多くあります。また、高齢者医療施設や循環器科の病院からの求人も増えてきています。透析関連の医師の求人は常に安定してあるので、そういった方面で働きたいのであれば比較的見つけやすいです。特に最近注目されている求人は、老人保健施設などからのものです。高齢になるとかかりやすい前立腺肥大や頻尿、排尿障害は高齢者特有の症状と関係があるために泌尿器科の知識とスキルがある医師を希望する施設が増えてきています。

また、ここ数年で前立腺がんの患者が増えてきており、前立腺がんの早期発見、早期治療は老人医療の中で泌尿器科医が進んでやらなければならないのではと考えられています。前立腺がんの手術は、内視鏡で行われるようになっており、このスキルを身につけるために設備の整った病院で働きたいという泌尿器科医も多いです。泌尿器科の非常勤医師求人では、外来で透析担当や当直と透析回診、施設での健診担当などが多いです。在宅医療を行うクリニックでのオンコール待機もあります。時給は1万円前後、当直1回あたり4万円から5万円前後となっています。週に1回程度の勤務でも良いところや、週に3回程度のところもありますので、自分の生活に合わせた働き方ができるのが非常勤の良いところと言えます。非常勤だと安定していないと思われがちですが、医師の場合は専門性が高いために待遇がとても良いです。非常勤でも十分な収入が得られます。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.