医師非常勤求人ランキング

耳鼻咽喉科の非常勤医師求人

耳、鼻、喉から気管、食道、頭頸部までの様々な疾患を診療するのが耳鼻咽喉科です。外耳炎や中耳炎、副鼻腔炎、扁桃炎といった日常でよく起こる疾患や、甲状腺がん、喉頭がん、咽頭がん、舌がんというような腫瘍、そしてここ数年一気に患者が増えてきたアレルギー性鼻炎(花粉症)まで診療しています。新生児から高齢者まで対象年齢も幅広く、地域の診療所、クリニックで開業する人が増えてきています。

耳鼻咽喉科医の求人は、総合病院からクリニックまで幅広くあるのですが、自分がどの道に進むのかによって、働く場所を決めた方が良いです。例えばクリニックだと手術などは行いませんので良性腫瘍や悪性腫瘍の治療ができません。手術のスキルを身につけたいと考えているのなら総合病院へ行く方が良いです。耳鼻咽喉科医の傾向としては、若いうちは総合病院などに勤務してその後、診療所を開業する人が多いです。

耳鼻咽喉科は、耳、鼻、咽喉を診療の対象としており、とても幅広い分野を扱います。さらに聴覚や嗅覚、味覚、平衡感覚などの感覚障害や、言語障害なども扱い、そしてアレルギー疾患にも対応しています。これらは総合病院に欠かせない診療科ですから、総合病院など大きな医療施設からクリニックまで様々な規模の医療機関から幅広く求人募集があります。

耳鼻咽喉科の非常勤医師求人は、主に外来担当です。クリニックに週に何日か外来診療をして1日いくら、という形が多いです。土曜日半日だけの外来担当であったり、平日の朝から夕方までの外来担当であったり様々です。平日でも週に1日だけの勤務でもOKというところがあるので、自分のライフスタイルに合わせて選べるのが非常勤医師の良いところです。平日はどこか別の病院で働いているけれど、土曜日だけ非常勤で別の病院に行っている人は結構います。また、女性が結婚や出産で一時的に医師から離れていたけれども、少し生活が落ち着いてきたので非常勤医師として復帰するというケースもあります。最近では突発性難聴患者や花粉症患者が増えてきているために、耳鼻咽喉科に通う患者さんは増える一方です。それと共に耳鼻咽喉科の求人も、増えつつあります。耳鼻咽喉科医は、年齢を重ねてからもできる仕事なので、クリニックなどを開業している医師の中には70代から80代でも現役で頑張っている人が多いです。長い間できる仕事なので、自分の生活設計をしっかり立てるようにしましょう。「町の頼れるお医者さん」になるか、病院でずっと臨床を経験し続けるか、よく考えて決めてください。

非常勤医師の求人サイトランキング!口コミ1位はコレだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.