医師非常勤求人ランキング

麻酔科の非常勤医師求人

手術をするというのは体にメスを入れるので、患者さんにとっては痛みとストレスを伴います。痛みとストレスというのは、術後の回復にも大きな影響を与えます。その痛みを感じなくしてストレスをなくすのが麻酔の役割です。その麻酔の管理を麻酔科医が行います。手術中に麻酔科医が行うのは、疼痛管理、循環管理、呼吸管理の3つで、手術中はもちろんのこと、手術前や手術後も患者さんの全身状態を維持、管理するために細心の注意をはらっています。

手術に関わるだけだと思われがちですが、ここ最近では緩和ケアやペインクリニックなどでも麻酔科医の知識や経験が必要とされています。全国の麻酔科医は1万人に届くか届かないかという人数です。それで全身麻酔下で行われる手術は年間で約250万件以上と言われており、慢性的な人手不足であることがわかります。手術での麻酔管理だけでなく、ペインクリニックや緩和ケアでも麻酔科医の需要が高まっていることから、さらに人手不足になることが考えられます。このようなことから常に麻酔科医の求人はあると考えて良いですが、手術に関わるとするとどうしても不規則な労働時間になりがちです。それが原因で転職したいと考えているのであれば、緩和ケアやペインクリニックで働くことを考えてみてはいかがでしょう。

麻酔科医は「痛み」に関するプロですから、外科だけでなくいろんな診療科との関わりがあります。そのため、ある程度の規模の病院で働く人が多いです。麻酔科医は増えてきているのですが、麻酔科医が必要とされているところも増えてきているので追い付いていない状態です。大きな病院だけでなく、先ほどから出ているペインクリニックや緩和ケア、また救急などでも麻酔科医が必要であるとされているので、いろんなところから求人はあります。総合病院や一般病院はもちろんですが、町のクリニックで麻酔科を標榜しているところや、美容医療関係のクリニックでも麻酔科医の求人が出ています。在宅診療所であるとか老人保健施設からも麻酔科医の求人が増えてきています。麻酔科の非常勤医師の求人では、決められた手術日に麻酔担当として出勤したり、麻酔科の外来を担当したりするものが多いです。救命救急がある病院以外では、当直は無しとしているところが多く、一旦第一線を退いた女性医師が復帰できるような支援制度を整えている医療施設が段々と増えてきました。まず非常勤医師として現場に復帰するという女性は多いです。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.