医師非常勤求人ランキング

産婦人科・婦人科の非常勤医師求人

産婦人科は、女性特有の疾患を治療したり、妊娠から出産までの周産期管理、そしてさらに不妊治療や更年期障害などの治療をしたり、産科と婦人科を兼ね添えています。そのため対象とする年齢層は幅広いです。また、精神的なケアやサポートも必要とされ、いつどうなるかわからない出産をおもにしているために肉体的、精神的にもかなりの負担になり、産婦人科を辞めて違う科へ転科する人も多いと言われています。婦人科は、子宮内膜症や月経困難症、子宮がん、卵巣がん、不妊や更年期障害など女性特有の疾患を診療するところです。

少子化と言われていますが、出産する人はいるわけで産婦人科医は必要とされています。しかしながら産婦人科医は不足しており、求人数は多くなっています。妊娠したのは良いけれども出産する病院がないという出産難民という言葉ができるほど、産婦人科医は不足しているのです。そのため、産科を閉鎖しなければならない病院も出てきています。

このような状況を何とかしなければと考えた病院が、産婦人科医の労働環境改善や負担軽減の取り組みをしてきたため、産婦人科医の環境はだんだんと良くなってきています。求人が出ていたら、その病院の労働環境に対する取り組みも確認すると良いでしょう。婦人科医の求人は、産婦人科医が婦人科もカバーするためにどちらかと言えば少ない方です。しかし最近では不妊専門のクリニックができたり、思春期や更年期外来を置いたりする病院も増えてきましたので、そういったところでの求人が非常勤でも見られるようになっています。病院だけでなく、検診センターなどでも必要とされてきました。

産婦人科の非常勤医師の求人は、多いのが当直で分娩待機です。土曜日か日曜日のどちらか1日の夜から次の日の朝までの勤務で、分娩があれば立ち合い、分娩が無ければそのまま待機という仕事です。分娩が重なれば大変ですが、それほど重ならなければ仮眠もとることができます。それ以外では、婦人科検診を行ったり、外来を担当したりするところもあります。当直1回あたりだと、5万円前後、外来の場合は時給でだいたい1万円前後です。給与はどの診療科でも大差ありませんが、医師は専門性が高い仕事ですから、時給や日給は他の仕事に比べると良いと言われています。産婦人科や婦人科は、女性特有の疾患を診療するために、女性医師が良いという患者さんは多いです。そのため、女性医師を求める求人もあります。女性の場合、家庭を持っていると非常勤の方が働きやすいので、非常勤女性医師は多いと言われています。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.