医師非常勤求人ランキング

小児科の非常勤医師求人

小児科は、新生児から16歳未満の子どもを対象にしており、頭痛、発熱、腹痛などの内科的な診療と、インフルエンザやおたふくかぜ、はしか、風疹などの予防接種、集団健診まで幅広く担当します。自分の具合の悪いところをうまく伝えられない子どもが相手であること、子どもの親から子育てについてのアドバイスを求められたりすることもあるので医療スキルはもちろんですが、コミュニケーション能力が必要とされる科です。

少子化と言われている今日この頃ですから小児科医師の需要は減っていると思われていますが、現実はそうではなさそうです。少しの発熱や体調不良でも、昼夜を問わず小児科に駆け込む親が増えていることや、医療の細分化が進んでいることから需要は増えていると言われています。

小児科は、地域のクリニックや専門病院も多いために求人数はとても多いです。しかし慢性的な人手不足となっており、常に求人が出ている状態です。一時期、小児科医の労働環境が良くないために深刻な医師不足になっていましたが、労働環境の改善に各医療機関が努力してきたため、若手医師や学生の小児科離れも無くなってきました。医師数は十分あっても、地域によって小児科医が極端に少ないところがあって、そういった格差をなくすのが現在の課題です。そのため、地方の医療施設からの求人が、好待遇になりつつあります。ある地方の病院の小児科の非常勤医師の求人で、週に1日午前中の外来だけの勤務で、時給1万円〜という案件があります。他に産婦人科で新生児の健診で朝から夕方までで約8万円という案件もあります。

小児科は、総合病院や中核病院、公的病院では無くてはならない診療科です。ですから非常勤医師の求人も多くあります。また、これらの病院だけでなく、小児科専門クリニックや訪問診療のクリニックからの求人もあります。小児科とともに内科の診療ができる人だと、優遇される傾向にあるようです。病院によっては小児科の場合、当直やオンコール対応などで勤務時間が多くなってしまうものですが、最近では全体的に拘束時間を減らしていくように努力しています。当直はあっても回数を少なくする、当直明けは半日だけの勤務にするなどの配慮をしているところが増えてきました。小児科は他の科に比べると忙しいとされていますので、その分待遇を良くするようにしているところもあります。自分はどのような勤務体制で働きたいのかを明確にし、それに合ったところを探すようにしましょう。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.