医師非常勤求人ランキング

日勤

非常勤医師の日勤

日勤とは公務員と同じような平日の勤務時間帯を指します。 ただし非常勤医師の場合は日勤と言っても公務員と比較して勤務時間が短い事が多いです。 非常勤医師の場合は平日の全てを出る方は少なくなります。 時間の少ない方は午前のみや午後のみと言う場合もあります。 また午前中に外来診察を行い、午後に回診、書類仕事、手術などいろいろな業務を行う場合もあります。 また現在の医師不足の現状では該当する科の医師が少なすぎるため、1週間に1日しか診察日がない場合もあります。 また該当科の医師が他の病院でも不足している為、1週間に1日の診察を3つ以上の病院で掛け持ちするケースもあります。

やはり原因となっているのは医師不足です。 医師不足の原因は医師数抑制政策や医療費抑制政策などですが。 2002年頃から医療ミスが警察の捜査対象とされ、マスコミもこの医療ミスを大きく取り上げるようになりました。 これにより医師や看護師の善意の行為でも結果が悪かった場合、犯罪者として警察に逮捕されたり、マスコミによる批判報道で社会的に抹殺される場合があります。 この様なリスクがあるため、多くの医師がリスクのある手法を避け、医学生も訴えられるリスクの高い科を敬遠するようになりました。 この結果、現在医師が多いと言われる東京都、神奈川県、大阪府、愛知県、福岡県などでも、リスクの高い産婦人科、小児科などの科は医師が不足しています。 人間の身体は機械ではありません。 人それぞれに個性があるように身体も違いますし症状も違います。 同じ治療方法を行なっても結果が違う事もあります。 これらの不確実性の中で悪い結果が出ることもあります。

この悪い結果が出た時、警察に逮捕されたり、マスコミに誹謗中傷される可能性があります。 この理不尽な事から警察やマスコミを恐れる医師が増えています。 これらの事から将来、外科医などリスクが少しでもある科を志す人材がいなくなる事すら懸念されています。 ただし、本当に無責任な医師がいる事も確かです。

2002年に起きた慈恵医大青戸病院事件では3人の医師に有罪判決がくだりました。 この慈恵医大青戸病院事件は患者の安全よりも医師の経験を積まれせる事を優先した結果、患者が死亡した事件です。 この3人が前立腺癌の患者に対し内視鏡手術を行いました。 内視鏡手術は開腹手術と比較して術後の回復が早く手術痕も目立たない利点があります。 しかし有罪判決を受けた3人は内視鏡手術の経験がありませんでした。 一人は過去に内視鏡手術に助手として参加していただけ。 残りの二人は内視鏡手術を見学したこともなく初参加でした。

非常勤医師の求人サイトランキング!口コミ1位はコレだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.