医師非常勤求人ランキング

当直

非常勤医師の当直

病院や診療所で普通の診療時間以外に勤務する医師の事を当直医と呼びます。 業務内容は様々で外来患者や入院患者のどちから、または両者の診療を行います。 普通の診療時間以外と言うのは、夜間、休日、祝日などの勤務時間の事です。 更に休日や祝日の日中に診療する医師を「日直医」、夜間に勤務する医師を「宿直医」と呼びます。またこれらの名称を休日や祝日の夜も昼も続けて診療する医師の事を「宿日直医」、休日や祝日の昼に診療する医師の事を「日当直医」と呼ぶこともあります。

労働基準法の中で当直医の業務を「宿日直業務」としていますが、医師不足が原因で勤務状態は労働基準法違反の状態が続いています。 日本では、入院できる設備のある病院は医師を宿直させることを医療法制で定めています。 この法律に従い病院は医師が交代で当直勤務を行い急患や入院患者の容態の急変などの診療を行なっています。 勤務時間で名称が違う事から、それぞれの時間帯で非常勤医師などと交代していると思われるかもしれませんが。 医師の勤務実態は違います。多くの病院でこの時間毎の交代は行われていません。 通常の平日の昼に日勤として働き、そのまま当直する医師、場合によっては、そのまま勤務し続けて日勤へ移行します。 また担当患者の容態が変われば、休み返上で病院へ行く必要があります。 日本の病院の多くは日勤の働く医師がそのまま夜間にも続けて勤務する事が多いです。 この様な長時間勤務は救急指定病院も同じです。 もちろん地域や病院によって多少は異なります。 ただ夜間の患者が多い場合は医師が一睡もできずに、そのまま翌日の日勤の診療を開始する事があります。

この様な徹夜勤務はごく普通に多くの病院で見られます。 ただし、これは労働基準法で決められた宿日直業務の超えています。 この様な長時間拘束された殺人的な勤務時間と過重労働が医療ミスや医師のうつ病や過労死などの原因になっています。 病院関係者以外は医師がこの様なハードスケジュールで勤務している事をあまり知られていません。 また救急指定のない病院でも入院患者の容態が急変することはよくあります。 また診察時間以外でも救急患者が来院した場合、応召義務により診療しなければなりません。 これらの事により多くの医師たちが過労死ラインと呼ばれる過酷な労働条件かで働いています。

この様な長時間連続勤務を防止するために交代要員の医師が必要ですが。 医師不足により医師が居ない事と、医療費を抑制したい病院の思惑もあり、医師の交代制はほとんど実現できていません。 このため現存する医師のがんばりで、病院は支えられています。 またこの様な労働条件を強要する病院長と事務局長を医師が不当労働行為で刑事告訴した事や、病院側と労働条件について争い医師が病院が去ったケースもあります。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.