医師非常勤求人ランキング

夜診

非常勤医師の夜診

「夜診」は言葉が違いますが、「夕診」とほぼ同じです。 それぞれの病院によって名前が違い呼び方が違いますが、時間もほぼ同じ事と思っていいです。

契約時に「夜診」のみ、「午後から夜診まで」、「日勤から夜診まで」、「夜診から当直」など、病院の医師数の状況によりさまざまな契約が行われます。 もちろん「夜診」の時間帯は時給が高くなります。 少ない時間で多くの給与を得たい方は「夜診」や「当直」などの通常の日勤とは違う時間帯のみで勤務すると効率よく稼ぐ事ができます。 ただし、この様な変則勤務は体力が必要です。 若い間は体力があり多くの変則勤務をこなすことができると思います。 若い間、特に研修医の間は勉強の意味も含めて多くの臨床を見たり経験した方がよいと思いますので、より多くの時間を費やした方がよいと思います。 ただ現在の医師不足ですので、非常に多くの医師たちが勤務過多になっており、過労死ラインと呼ばれる一定の労働時間を超えると大幅に死亡率が高くなるしきい値を超えて働いています。

確かに勉強や経験は大事ですが、あまり無理をして詰め込み過ぎないように、そして安請け合いしないように勤務する事が重要です。

医師は命に関わる仕事です。 日々の過労で誤った処置を患者に施さぬように、ある程度余裕をもった契約で働く必要があります。 このある程度余裕を持った契約でも実際にはもっと働く事になると思います。 なぜなら担当している患者の様態はスケジュール通りに動かないからです。 仕事が終わりオフの時間になっても、担当の患者の様態が変われば仕事に戻る必要があります。

この様な事が発生すると、当初の予定が「日勤から夜診」でも「日勤から夜診そして当直」と言う場合もありますし、更に翌日にも「日勤」が入っている場合は「日勤から働き続け翌日の日勤が終わるまで勤務」と言う場合も十分にありえます。 この様な勤務状況の発生率が低ければいいですが、実際には意外と多く発生します。 このため常勤医師と非常勤医師は公務員よりも短い時間が基本時間となっています。 実際、医師不足が顕著な新婦人科や小児科は医師の平均労働時間は過労死ラインを超え、いつ誰が死んでもおかしくない状況です。

現在は行政が医師不足を認め医師を増やす政策を行なっていますが。 医療ミスなどで警察に逮捕されたりマスコミに避難される可能性の高い科は人材が大幅に不足している上に担い手が育っていません。 近年では初期研修の後、産婦人科医や小児科医を選んだのは全体の5%以下です。

非常勤医師の求人サイトランキング!口コミ1位はコレだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.