医師非常勤求人ランキング

日当直

非常勤医師の日当直

日当直は休日や祝日の昼に診療する医師の事です。

また休日や祝日の昼だけでなく夜も働く医師の事を「宿日直医」と呼ぶこともあります。 「日当直居」や「宿日直医」の様に病院や診療所で普通の診療時間以外に勤務する医師の事を当直医と呼びます。 業務内容は様々で外来患者や入院患者のどちから、または両者の診療を行います。 普通の診療時間以外と言うのは、夜間、休日、祝日などの勤務時間の事です。 更に休日や祝日の日中に診療する医師を「日直医」、夜間に勤務する医師を「宿直医」と呼ぶ事もあります。 労働基準法の中で当直医の業務を「宿日直業務」としていますが、医師不足が原因で勤務状態は労働基準法違反の状態が続いています。 日本では、入院できる設備のある病院は医師を宿直させることを医療法制で定めています。 この法律に従い病院は医師が交代で当直勤務を行い急患や入院患者の容態の急変などの診療を行なっています。 勤務時間で名称が違う事から、それぞれの時間帯で非常勤医師などと交代していると思われるかもしれませんが。 医師の勤務実態は違います。 多くの病院でこの時間毎の交代は行われていません。 通常の平日の昼に日勤として働き、そのまま当直する医師、場合によっては、そのまま勤務し続けて日勤へ移行します。

また担当患者の容態が変われば、休み返上で病院へ行く必要があります。 日本の病院の多くは日勤の働く医師がそのまま夜間にも続けて勤務する事が多いです。 この様な長時間勤務はこの様な長時間勤務は救急指定病院も同じです。 もちろん地域や病院によって多少は異なります。 ただ夜間の患者が多い場合は医師が一睡もできずに、そのまま翌日の日勤の診療を開始する事があります。

この様な徹夜勤務はごく普通に多くの病院で見られます。 ただし、これは労働基準法で決められた宿日直業務の超えています。 この様な長時間拘束された殺人的な勤務時間と過重労働が医療ミスや医師のうつ病や過労死などの原因になっています。 「1直2勤務制」と呼ばれる制度があります。 夜間の急患が多い病院などで導入された勤務制度です。 当直制度の多くは日勤の後に続けて当直業務に入ります。 当直の時間帯は患者が来ない限り仮眠する事ができます。 ただし救急病院は夜間でも急患が多く仮眠できずに日勤と同じように働く事になります。 そこで「1直2勤務制」です。 日勤帯と夜勤帯の16時間を本来の勤務時間として、深夜から翌朝までの8時間を当直勤務とします。 8時間を1単位と数えるため「1直2勤務」になります。 夜勤の時間帯は急患が多く仮眠できない事が多いですが。 この「1直2勤務」の場合は夜勤に仮眠できない代わりに、深夜の当直時間帯に仮眠する事ができます。

この深夜帯は急患が来る確率が夜勤の時間帯よりも低いため仮眠できる確率が高く、翌日が休みとなるため医師は帰宅できます。 この勤務制度はは三交代勤務と比較して少ない医師で当直医を確保できます。 このため現在「1直2勤務」を導入する病院や医療機関が増えています。 ただ実際には翌日が休みでも患者の容態により働く事もありますが。 飛び入りの診療が終われば帰宅できることが従来の制度よりも精神的に楽になります。

医師「非常勤向け」求人サイトのランキングをチェックしよう!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師非常勤求人ランキング All Rights Reserved.